MOECO

ニュース

2016年12月22日

米国マーセラス・シェールガス事業権益の一部売却について

三井石油開発株式会社(本社:東京都港区、社長:日高光雄)は、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)と共同出資する米国Mitsui E&P USA LLC(以下「MEPUSA社」)を通して、米国ペンシルベニア州マーセラス・シェール・エリアにおいて開発・生産中のシェールガス事業(以下「本事業」)の一部権益をAlta Resources Development, LLC(以下「アルタ社」)に207百万米ドルで売却することで合意いたしました。

売却対象鉱区におけるMEPUSA社の持分日量生産量は現在約7千万立方フィートであり、MEPUSA社の本事業における持分総日量生産量の約20%に相当します。

本売却により、MEPUSA社はより高い生産性が期待できる継続保有エリアに将来の投資を集中させ、収益性を高めることで、当社ポートフォリオの価値向上に寄与することを目指します。

売買契約書の内容

買主

アルタ社

売主

MEPUSA社

売却対象権益

本事業の一部鉱区におけるMEPUSA社権益約14.3%

売却金額

207百万米ドル

本事業概要

鉱区位置

米国ペンシルベニア州

日量生産量
(MEPUSA社持分、
売却前)

約3億立方フィート (約5万原油換算バレル)

印刷